4bit メモリ脳の生き方

脳のメモリが4bitしかないヒッキーエンジニアが統計学を中心に色々勉強するブログ

プロフィール

中の人

※ Pro化に伴い色々改装中

千葉俊典(ちばとしのり)
1994年生まれ。Webエンジニア。フロント、バックエンド特にこだわりなくやってます。
大学では数理統計学を勉強していました。

性格とか

基本的に内向的な性格で、休日は一人で家で過ごすことが多いです。頭がいい人への憧れもあって、本を集めがちです。積ん読がどうしても多いですね。


思いこみが強い性格しています。興味のない分野とかだと、特に強く意見を言わず周りの意見をみながら合わせるのですが、興味の強い分野だと勉強したことに対して「思いこみ」が強い発言をしがちです。(これでよく失敗します。)そのせいか、バイアスの話とかも結構好きです。

超性格分析(Big5)

性格分析の基本ですね。

超性格分析の画像
超性格分析

これは「超性格分析」っていうアプリでやりました。

メンタリストDaiGo-超性格分析-  究極の相性診断

メンタリストDaiGo-超性格分析- 究極の相性診断

  • IGNIS LTD.
  • エンターテインメント
  • 無料

ストレングスファインダー

以下の本を新品で買うとできるやつです。

結果はこんな感じでした。特性が強い順です。

  1. 内省(知的な活動が好き)
  2. 分析思考(理由と原因を追求したがる)
  3. 回復思考(問題解決が好き)
  4. 自我(独立心に富む)
  5. 未来志向 (未来を心に描く)

(特性でわかるぼっち感)

趣味とか

趣味は主に「心理学」です。DaiGoさんの「心理分析してみた!」とかも有料チャンネルでみてます。弟子です。


趣味って感覚ではなかったのですが、子どもの頃からよく読んでる本のジャンルだったので、振り返った時に「これが趣味ってやつなのではなかろうか」と思い、今は心理学が趣味ということにしています。


心理学に興味を持ったきっかけは、子ども時代にイジメを受けた経験にあります。正直、イジメというと今となっては大げさな気もしますが、「自己中」とか言われたり、体型をからかわれたりしたことがありました。私の場合は上にもあるように、内向的ではあるものの、メンタル面はかなり強靭だったこともあってか、「やられたらやり返してやりたい。見返してやりたい。」という気持ちが当時は強かったです。その時、興味を持ったのが心理学でした。人の心が分かれば、力ではなく言葉でやり返せると思ったからです。まあ結局、やり返すことはできませんでしたがw


また、人の心がわからない。周りの人が何を思っているかわからない。と思ったのも理由の一つです。
これに関しては未だに思っています。理屈に合わないのになぜ人がそんなことをするのかを答えてくれる学問だと最近は強く思います。


自己中は自覚があるので、今は言われてもなんとも思いません。むしろ「他人のために〜」とか言ってる人が胡散臭くて無理です。

悩みとか

最近のもっぱらの悩みは「地頭の悪さ」です。これはどうしようもないといえばそれまでなのですが・・・。


上にも書いたように、昔から頭がいい人への憧れ(自分もなりたい的な意味で)が強く、その結果積読しがちです。普段から何かしら勉強をしているのですが、必要な時にうまく説明できないことも多いですし、成績も勉強している割にはそんなによくありませんでした。(勉強している自分に満足しているんでしょうねえ・・・。よくないです。)


あとは自信のなさですね。自分で何か成し遂げた経験とか、強みになる部分っていうのが無いもしくは自覚が無いのでどうしても自信が無いです。自信のなさが勉強に繋がっている気もするので全てが悪いわけではありませんが・・・。

このブログについて

このブログはもともと大学時代に統計学に関して勉強したことをアウトプットする場所としてはじめました。社会人になってからは、自分の強み・好きなことを考えるようになりました。上記の通り、心理学や心の話が「人の心がわからない自己中な人間」だからこそは強い興味を持つようになりました。心理学は統計がよく使われる学問の一つでもあります。これからは純粋な数理統計よりも、心理学よりの話を投稿していこうと思っています。